さく旅

あちこち行きたいわりに、文句が多い。けど、賛辞も多い。

韓国旅行記4 ONE君ポップアップ~ADER errorで写真大会

続いて合井(ハプチョン)にきた。

駅からしばらく歩く。道幅が狭い上にちょっとがたがたしててしんどい。

f:id:sa00ku:20170808144057j:plain

ONE DAY, ONE WEEK : MAGAZINE SHOP。普段はLUFT COFFEEというカフェ。そこにYG Entertainmentの新人、ONE君のポップアップストアが期間限定オープンしてたので、ミーハー丸出しで立ち寄る。

SHOW ME THE MONEYに出てた時、きれいな顔!なのにゴリゴリ!って思って気になっていた。あの時よりさらに端正になって垢ぬけた感じ。メロウな曲が来るとは思わずびっくりしたけど。1PUNCHは2人ともリスタート出来てよかった。

f:id:sa00ku:20170808144329j:plain

正統派におしゃれなカフェ。

f:id:sa00ku:20170810103250j:plain

ドリンクは見た目もさることながらおいしい。私のはピンクグレープフルーツエイド。にお花が浮いてる

f:id:sa00ku:20170808144356j:plain

この空間に違和感のないONE君。

f:id:sa00ku:20170808144416j:plain

なぜMAGAZINE SHOP?って思ってたらCDが雑誌仕様だった。なるほど。そのうち生歌聴ける機会があるといいな。

また雨が降ってきてしまった。が、負けずに次に進む!

 

次にやってきたのは弘大入口(ホンデイック)。駅の出口から長蛇の列で驚いた。ここはクラブ街。路上には若者がひしめいて、さながら休日の仲見世の混雑。

f:id:sa00ku:20170810112638j:plain

そんな中を彷徨ってようやく到着したのが、ADER errorフラッグシップストア

韓国のデザイナーズブランド・ADER errorの旗艦店、なのですがディスプレイがむちゃくちゃ凝ってて、これまた写真を撮りまくってやろうと訪れました。

f:id:sa00ku:20170810112735j:plain

エントランスからインパクトがすごい。

f:id:sa00ku:20170810112843j:plain

f:id:sa00ku:20170810112932j:plain

コンセプチュアルな部屋たち。

f:id:sa00ku:20170810113035j:plain

トリックアートのような部屋も。

f:id:sa00ku:20170810113105j:plain

ロゴのオブジェ。赤い格子はゴム製。

f:id:sa00ku:20170810113206j:plain

f:id:sa00ku:20170810113242j:plain

Day After DayはADERのオリジナル石鹸ブランド。

f:id:sa00ku:20170810113352j:plain

f:id:sa00ku:20170810113412j:plain

突然の便器

f:id:sa00ku:20170810113557j:plain

チョコレイト・ディスコ風空間

f:id:sa00ku:20170810113629j:plain

架空のアー写を撮る。

f:id:sa00ku:20170810114011j:plain

地下はDay After Dayのエリア。ここがクソミソにかわいい。

f:id:sa00ku:20170810114029j:plain

圧巻の石鹸たち

f:id:sa00ku:20170810114045j:plain

テスターのエリアもめちゃかわいい

f:id:sa00ku:20170810114124j:plain

かわいい

f:id:sa00ku:20170810114251j:plain

色によって香りや効果が違う。小さいサイズのブルー「Feel so good」とグリーン「Don't grow up!」を購入。ちょっと甘めのさわやかな香り。効能は忘れてしまったw9500Wと値段はかわいくないけど空間に投資したと思おう。

 

その後は梨大で少し買い物して、ホテルに帰ったのは11時、そこから近所のご飯屋さんに滑り込み

f:id:sa00ku:20170810114316j:plain

プデチゲとたこのビビンパを(写真ない)そしてCassビール!

一生懸命壁のメニューを解読してたら、お店のおばちゃんに「ハングクマルチャラシネヨ~(韓国語じょうずね)」って、嬉しい。お世辞だとしても酔ってたから倍嬉しい。図に乗ってたら「K-POP」っていう言葉がなかなか伝わらなくて難しいなと思ったり。聞かれたことがわかったり、読み書きできる言語が20才すぎてから増えるなんて思わなかったから、つくづく好きの威力は絶大だと感じる。

お料理は辛かったけど、誰もいない深夜の食堂で、お店のおっちゃんおばちゃんにニコニコ見守られながら、談笑しながら食事ができて至福だった。長居してごめんなさい、美味しかったです。

そんなこんなでバタバタと初日の夜は更けゆきました。