さく旅

あちこち行きたいわりに、文句が多い。けど、賛辞も多い。

タイ旅行記5 アユタヤ寺院巡り②

※このエントリは別ブログより移動した2014年末のタイ旅行記です

f:id:sa00ku:20170802130933j:plain

アユタヤツアー後半戦。ワット・マハータートへ。こちらも重要な寺院。かつては仏塔のてっぺんが金色に輝いていたという。

f:id:sa00ku:20170802131110j:plain

真打登場。ジャングルクルーズでおなじみの、頭部に木が絡みついた仏像がある寺院。これが見たくてアユタヤに来たと言っても過言ではない。

f:id:sa00ku:20170802131427j:plain

ご尊顔。誰かが置き去ったものが長い年月を経て、現在の姿になったとのこと。

f:id:sa00ku:20170802131308j:plain

写真は仏像よりも低い位置で撮る決まりがあり、しゃがむ。こう見ると意外と小ぶり。

f:id:sa00ku:20170802132518j:plain

f:id:sa00ku:20170802132537j:plain

古人がいたずらに切り落とした顔のない座像が並ぶ。敗戦で持ち去られたり、闇に乗じて盗難されたとのこと。

f:id:sa00ku:20170802132834j:plain

建物はほぼ崩壊。要塞のようで物々しい。生い茂る草が時の流れを感じさせる。

f:id:sa00ku:20170802133203j:plain

おだやかな犬。ガイド歴何年だろう、間の取り方が絶妙。程よい距離感を保ったまま自由に走ったり、ほかの犬とじゃれあったり。

f:id:sa00ku:20170802133258j:plain

いきなり寝る。

f:id:sa00ku:20170802133513j:plain

土地の歴史はどこにでもあって、浮き沈みを繰り返しながら厚みを増す。学問としての興味はいまいちだけど、人が住んで、いがみ合って、和をなして、そんな軌跡が垣間見えるのが好きで、こういう場所に興味がある。悪天候も何とか持ちこたえ、見学終了。

f:id:sa00ku:20170802134043j:plain

夕飯をいただき、すっかり日も落ちたところでワット・プラ・シーサンペットのライトアップを見てアユタヤを後にしたのでした。この雰囲気は完全にラスボス登場フラグ。

f:id:sa00ku:20170802134408j:plain

一旦ホテルに戻り、恒例行事・スーパーでの買い物に向かう。ホテルから歩いて15分ほどのBigCへ。結構深い時間にもかかわらず、ショッピングモールからはなぜかクラブばりの重低音。ナイトマーケットも出ていてかなり賑やか。そしてタイ仕様のドナルド。

f:id:sa00ku:20170802134610j:plain

f:id:sa00ku:20170802134628j:plain

スーパーにいたギュとニックン。ニックンは街のいたるとこにいた。

このギュのではなく、スルメ味のノリが中国人に大人気。売り場を占拠した上に、カートいっぱいに入れられていた。便乗して私も購入。要ビールなやつで普通に美味しかった。結局いつもどおり大荷物。

f:id:sa00ku:20170802134923j:plain

おつかれさまの晩酌して長い一日が終了。フル活動でぐっすりだった。

3日目に続く。