さく旅

あちこち行きたくてチョロい私の旅行記

香港旅行記5 猛暑の遺産ジプシー~くたくたの末のエッグタルト

マカオタワーに到着しました。

寒さに震えつつ、入場券を買って展望台にいざ。

f:id:sa00ku:20161020141043j:image

うぉぉぉ高いいいいいい!!!!

怖いいいいいい!!!!!

(うしろのおじさんなにいいいい!!!)

私、高所は割と好きな方で、バンジージャンプもすすんでやるくらいなのですが、なぜかマカオタワーは怖くて仕方なかった。

f:id:sa00ku:20161020140409j:image

f:id:sa00ku:20161020141151j:image

(いい眺めなのですが…)

f:id:sa00ku:20161020140708j:image

透ける床も怖すぎて絶対乗りたくなくて、友人に撮ってもらいましたw

何でだろう…東京タワーとさほど変わらない336mなのに不思議です。

f:id:sa00ku:20161020141253j:image

マカオタワーといえばこのスカイウォーク。バンジーやってる人も見えました。

これ、行く前に調べたらかなりいいお値段だったのです…「これにこの値段はちょっとなあ…」と金銭的な理由で断念したけれど、実物が怖そうすぎたので心底やめてよかったです…これ数千円台だったら確実に予約してました。命拾いしたぜ…

f:id:sa00ku:20161020141353j:image

(煽り文句)

 それにしても何であんなに怖いと思ったのかはいまだに謎。マカオパワー?w

f:id:sa00ku:20161020141437j:image

(ディスプレイに若干の狂気)

 

ガクガクしながらからがら地上へ戻り、またもタクシーを捕まえていざ市街地へ。

ここからは世界遺産巡り。といっても絶賛Wi-Fi機能停止中。何とも非効率的な回り方をしてるし、いろんなところ飛ばしてます。時間のほとんど道に迷ってたようなものなので、一応記録として順番に記します。

f:id:sa00ku:20161020141757j:image

①媽閣廟(マコウミュウ)・バラ広場

ポルトガルが最初に植民して、マカオという地名の由来になったとされる場所。

f:id:sa00ku:20161020142008j:image

船旅の安全祈願のために、阿媽という海の女神が祀られている。

f:id:sa00ku:20161020141844j:image

船の描かれた大きな岩が目印。

f:id:sa00ku:20161020141912j:image

の前にたくさんの風鈴のようなものが。絵馬みたいなものかな…媽閣廟の前がバラ広場。とにかく地面に陽が反射して暑い。f:id:sa00ku:20161020142217j:image

そこからしばらく歩きます。

マカオの町並みは郷愁を誘う。生活の匂いがする。

f:id:sa00ku:20161020142142j:image

整然と並ぶ集合住宅に、雑然と這う電線や看板。

f:id:sa00ku:20161020142118j:image

人通りは少ないのに、街そのものが騒がしい。

f:id:sa00ku:20161020142427j:image

②聖ローレンス教会

そんな街並みからいきなり顔を出すあざやかな教会。青空に映える。

f:id:sa00ku:20161020142738j:image

ポルトガル人はここから海を臨み、いい風が吹くようにと航海の無事を祈ったとか。当時の人にはどんな景色が見えたのだろう。

f:id:sa00ku:20161020142817j:image

中に入ると、高い高い天井は美しく淡いブルー。薄暗く、誰もおらず、急に異世界に紛れ込んだような静寂。汗をたらしながら歩いて上がった心拍数が落ち着き、一瞬穏やかになる。

f:id:sa00ku:20161020142901j:image

③聖ヨセフ修道院及び聖堂

イエズス会によって建てられた教会。かの有名な宣教師、フランシスコ・ザビエルの腕が祀られている。

f:id:sa00ku:20161020142945j:image

ドーム型の天井にはイエズス会のロゴが見える。 

f:id:sa00ku:20161020143055j:image

木陰で休憩する地元女子(たぶん)うんうん、ずっと座ってられるよね。(暑いけど)

f:id:sa00ku:20161020143255j:image

④セナド広場・民政総署

マカオといえば、の景色。噴水にはポルトガルの象徴である天球のオブジェ。広場に建物ぶわー!おーすげー!っていうのが見たかったのに、謎の装飾で奥の視界が遮られるという不運。

f:id:sa00ku:20161020143424j:image

広場から道路側を振り返ると民政総署が。外観だけ見てしまったけど、実は中庭が美しいらしく惜しいことをした。

f:id:sa00ku:20161020143503j:image

というわけでちょっと休憩。マカオエッグタルトならここ、と名高いマーガレットカフェエナタへ。普通のカフェを想像していたら、少しイートスペースがあるだけで中は作業場兼レジのみという簡素なつくり。

中には店員のおばちゃんが数人スタンバイし、手際よくお客さんをさばいていく。オーダーを聞くおばちゃん(日本語可)、焼くおばちゃん、エッグタルトをとって袋に詰めるおばちゃん、熟練の流れ作業でほいほいと進まされ、気がつけば店の外に。

f:id:sa00ku:20161020143625j:image

かなりの混雑で席ゲットならず、道端で食べることに。うーむ、いいツヤ。

高速で渡されただけあって出来立てアツアツ

パイ生地の軽い食感。ながらコクがあり、中身は卵っぽさを残しつつも思いのほかあっさりした甘さ。香港で見かけたものはタルト生地が多かったので、パイ好きとしては嬉しい限り。疲れてたのもあると思うけど、すっごく美味しかった!

もしかしたら今回の旅の中で一番かもしれない。もう一回食べたい。

 

ひと呼吸おいたところで、いよいよ世界遺産巡りの旅は後半戦。そのあとは大人の嗜みでまたもやらかしますが…次に続きます。

 

<この記事に出てくる場所>