さく旅

あちこち行きたいわりに、文句が多い。けど、賛辞も多い。

欧州恋慕

余談を少々。

旅ブログや旅スレを読むのが好きで、仕事が滞って徘徊したりすると、やっぱりヨーロッパに行きたい。

行った国もいくつかある。どれも短期間ながら異文化で思い出深い。

忘れっぽい自分が、「あそこはああだった…」とスライドを投影するように鮮明に覚えてるのは断トツでトルコ・ドイツ・フランス。

パムッカレの壮観、イズミールのホテルの外から手を振り返してくれたお母さんと女の子、酔いを強制的に醒ますほど緻密で鮮やかなヴィ―ス教会の内装、小さな小さなローテンブルクの石畳、ヴェルサイユ宮殿に横たわるマイケルジャクソンの陶器(そういう展示をやってた)、日本未上陸だったH&Mでいちゃつくカップル(フランスの記憶がおかしい)

祖父母と一緒だったから、行動には制限があったし、今ほど熱心に旅したかったわけでもなかったけど、だからこそいろんなことが鮮明でショッキングで焼き付いてる。

今は特にスペインに興味津々。

素晴らしい建造物があるのに自然もある。

ああ。生活を垣間見て、文化が違うと心底思えるであろうあの環境に行きたい。いちいちこじゃれてて目がくらみそうな体験がしたい。

とか言いつつ今年の予定もアジアめいてるんだけど…新婚旅行とか三十路記念とか、そういう節目じゃないと難しいかなあ。

 

遅筆極まりない韓国旅行記もおそらくあと2回くらいで終了すると思います。